【経済】日本円に紙幣は不要。全部硬貨にすべき

その昔は、岩倉具視な500円札なんてありました。今では500円硬貨です。

小生が思ふには、1000円玉、2000円玉、5000円玉、1万円玉、5万円玉、10万円玉あたりまで作ればよいと考へる。
その理由は、当然にして経済効果、内需拡大にある。

日本は、いつもニコニコ現金払ひの国であるので、クレヂットカード払ひより、現金払ひの方が日本的と考へる。
そして、硬貨だと財布が重くなるので、さっさと使ひたくなるだろう。

電子マネーでもいいのだが、民間が先に始めてしまったので、営業妨害するわけにも行かないから、現状だと難しかろう。だから硬貨である。


硬貨は補助貨幣といふのが一般常識であるが、では日本円の場合、どのくらいが小銭になるのだろう。
1000円は大金だろうか?そうは思へない。
5000円は小銭ではないが、大金でもないな。
1万円はちょっと大きめだが、大金というのもなんか貧乏くさい感じがする。

つまり、1万円は小銭だ。補助貨幣、コインでよい。単純明快である。

小銭ではなさそうだが、更に5万円と10万円も追加して、内需拡大に結びつけるのだ。


さて、自動販売機が本帝国では普及してゐるが、紙幣を入れることはできても、紙幣で釣り銭を返すことは難しいのが実際である。
2000円札なんてのが紀元2660年頃に誕生したが、普及しなかった。
なぜなら、これでジュースなどを買っても1000円札で釣り銭が返せないから、自販機では対応できなかったからだ。500円玉や100円玉がすぐ無くなってしまうから。

さて、これが全て硬貨だったらどうだろう。

自動販売機に10万円玉を入れ、激安100円ジュースを買ったとする。

釣り銭は次の通りである。
5万円玉×1
1万円玉×4
5000円玉×1
2000円玉×2
500円玉×1
100円玉×4

それぞれの必要枚数は最小限で済み、完璧すぎることに。
2000円玉も、ごく自然に使われるようになる。

好評なら更に、50万円塊、100万円塊も作りましょう。ここまで来ると単に金の延べ板か。


紙幣なんて、1000万円札あたりからで充分だろう。
1000万円札、2000万円札、5000万円札、1億円札、あたりを作ればよろしい。

そもそも、紙幣なんて紙切れを、一般人が使う理由が、存在しないのだ。

2009/04/18(土)14:44 |Comments(0) |Trackback(0)

雑記 | 経済 | 政治・経済 | [編集]

▲ページトップ

コメント

コメントの投稿

【咖喱】今夜はカレーにしたが… ホーム 【音楽】04/15の曲 ぬこミク【チーズ味噌汁】
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

陸野優樹

Author:陸野優樹
アマチュア歌手です。
ボルボックスに浮気しながらも、やっぱりマリモを忘れられない今日この頃です

マストドン
マイサイト(墓場)
同人活動は引退しました

お知らせ

現代漢字と、拡張型正仮名遣ひが基本の、最近はカレー臭い音楽ブログです。拡張なので、小さい「ゃゅょっ」を使ひます。

気に入ったら拍手をお願ひします。小生の生き甲斐です。

音楽やカレー関係のコメントはお気軽ににどうぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック